Psychosomatic medical

心療内科なら心の闇を解消できる【トラブルを相談しよう】

まずは簡易チェック

オンライン上で簡単に確認

白衣を着た人

毎日の生活を送る上で、身体や心の疲れをいつもよりも多く感じているのなら、もしかするとストレスが原因になっているかもしれません。
ストレスはほとんどの方が感じているものですが、酷くなる心の病気になってしまうため、早めに解消したほうが良いでしょう。
しかし、精神科や心療内科に訪れるには、それなりに勇気がいるため、まずはオンライン上で受けられるのストレス診断テストの利用を推奨します。
ホームページ上に設置してあるストレス診断テストは、当てはまる項目をチェックするだけで終わるため、気軽に利用することが可能です。
ただし、医療関係者が作成したものではないストレス診断テストがあるので、正しい判断をしたいのなら注意しなければいけません。
ドクターが作成したものや、医療施設のサイトに設置してあるものも多いので、信頼したいのならそちらを使いましょう。
なお、一つのストレス診断テストだけでは、ハッキリとは分かりませんので、複数のサイトを活用したほうが確実です。
もしも、複数のストレス診断テストで、状態が良くないとでたのなら、次は精神科や心療内科に訪れることをおすすめします。
症状が心や体にでてしまったのでは、ストレスの解消が難しくなりますので、そうなる前にドクターの助言や処方薬に頼りましょう。
そして、人気のある医療施設の場合は、しばらく先まで予約が入っている確率も高いので、できる限り早めの行動を心掛けることが大切です。

ストレスチェックは大切

カウンセリング

ストレス社会と呼ばれる現在は、なにかとストレスを溜め込んでしまいがちです。
そのことから企業ではストレス診断が義務化されるなどの対策もなされています。
ストレス診断では、自分自身のストレスレベルを把握出来るため、自分自身でも知らないうちに抱え込んでいたストレスの度合いを知ることが出来ます。
通常、ストレスは目には見えないため、自分ではどの程度溜まっているのかを把握することは出来ませんが、ストレス診断で可視化することによって、ストレスへの関わり方を改めることが出来ます。
また、ストレス診断では、うつ病の有無が把握出来ます。
現在はうつ病が原因で職場を離れてしまう方が増加しており、そのうつ病の発症原因として挙げられているのが、ストレスとなります。
ストレス診断を行うことでうつ病の有無を把握することができ、うつ病を予防することが可能となります。
ストレス診断では、ストレスの度合いだけでなく原因そのものについて知ることが出来るというのも嬉しい点です。
中にはなぜストレスを抱えてしまっているのか原因がわからないという方も多いことでしょう。
ストレス診断をすることにより、自分自身がどのようなことでストレスを感じているのかを知ることが出来ます。
知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまうと、うつ病などの心の病気が発症してしまう恐れがあります。
ストレスを感じている原因を知ることが出来ればその対策や改善策を行うことが出来るようになります。

従業員が自分の状態を知る

ウーマン

職場でストレス診断を実施することによって従業員は自分の心の健康具合を知ることができ、ストレスがたまっていることが分かれば相談窓口を利用するなど自発的に行動できるようになります。
そのため、企業はストレス診断によってストレスがたまりかけている従業員が病気にならないための対策を打ちやすくなり、心の不安を抱える従業員の体調を悪化を防ぐことが可能です。
従業員全体の健康状態が改善されると、コミュニケーションも活発になり仕事を行うモチベーションもアップし企業の生産性も向上していきます。
メンタル失調者が少なくなれば疾病手当てや医療費なども削減できるので、健保財政にもよい影響が出てくるなど従業員と企業どちらにもメリットがあるのがストレス診断です。
また、ストレス診断によって個人の結果だけでなく集団の結果が報告されるので、部署や年齢ごとにストレスの状態を分析することができます。
会社全体のストレスがどのような状態になっているか知ることにより、職場全体のリスクや組織の問題などを把握して従業員が病気にならない環境を作るための施策を立てていけるのも利点です。
このような理由からストレス診断は従業員の仕事を配慮して、働きやすい環境を目指すために多くの企業で選ばれています。
従業員の心のサポートを行うことで協力会社や仕入先の期待にも応えられる生産性をもつ高い企業価値の会社を実現できるので、ストレス診断を検討してみましょう。